ポケたび presented by JTB

TravelStory® 歴史薫る 鎌倉・横浜 歴史・グルメ・異国情緒

2nd Story 歴史を感じる街を散策編

鎌倉の中心的存在の鶴岡八幡宮からスタート。本殿へ続く階段を登れば鎌倉の街が一望できるのも圧巻です。境内をゆっくり散策してから、浄妙寺と長谷寺を拝観します。鎌倉で味わうのは地元の人やリピーターも多いお蕎麦屋さんと、珍しいパンスイーツ、フレンチ。鎌倉の観光とグルメの1日です。

episode01 勝負・仕事・出世運などがアップする神社として名高い 写真提供:鎌倉市観光協会

episode01
古都鎌倉の歴史ある神社
鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)

源頼義公が材木座に源氏の氏神として八幡宮をお祀りしたのが始まり。その後、源頼朝公が鎌倉に入るや直ちに現在の地に遷し祀り、建久2年(1191)には上下両宮の現在 の姿に整えられました。現在の本殿(上宮)は流権現造りの代表的な江戸建築で、若宮(下宮)とともに国の重要文化財に指定されています。境内に源頼朝公、実朝公を祀る白旗神社、 静御前ゆかりの舞殿や段葛(だんかづら)などが歴史を物語ります。

Information
鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)
住所:〒248-8588神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
TEL:0467-22-0315
拝観時間:8:30~16:00
拝観料:宝物殿 大人:200円 小学生:100円
神苑ぼたん庭園(1月~2月下旬、4月~5月下旬 9:00~16:30)おひとり500円
URL:https://www.hachimangu.or.jp
リンクを選択すると、外部サイトへ移動します。

episode02 鎌倉五山の一つの由緒ある寺 写真提供:鎌倉市観光協会

写真提供:鎌倉市観光協会

写真提供:鎌倉市観光協会

episode02
名刹が多く集まる浄明寺地区
浄妙寺

どっしりとした屋根の本堂を持つ足利家ゆかりの寺。頼朝の重臣、足利義兼が創建した極楽寺を足利尊氏が父貞氏の法号「浄妙寺殿貞山道観」にちなんで浄妙寺と改めました。南北朝時代頃に最盛期を迎えましたが、現在は総門、本堂、客殿、庫裡だけが残っています。境内は冬は梅、春は桜、牡丹、ツツジ、藤、初夏は紫陽花と、次々に美しい花が観られます。また、茶室・喜泉庵では枯山水の庭を眺めながら抹茶とお菓子がいただけます(600円)。

Information
浄妙寺
住所:〒248-0003神奈川県鎌倉市浄明寺3-8-31
TEL:0467-22-2818
拝観時間:9:00~16:30
拝観料:100円

episode03 鶴岡八幡宮の参道沿いにある古民家のそば屋

episode03
歯ごたえ良く、風味もあるそば
段葛 こ寿々(だんかずら こすず)

鶴岡八幡宮の大通り沿いにある、人気の手打ちそばとわらび餅の店です。そばは厳選した玄そばを信州から取り寄せて自家製粉し、毎日手打ちで提供します。透明感のある細打ちのそばは、風味も良くてコシが強いのが特徴。地元の常連はもちろん、観光客のリピーターも多いとか。昼前後はかなり並ぶので時間をずらして。わらび餅も甘さ控えめでコシがあり、食べ応えがあります。こ寿々そば1080円、わらび餅540円

Information
段葛 こ寿々(だんかずら こすず)
住所:〒248-0006神奈川県鎌倉市小町2-13-4
TEL:0467-25-6210
営業時間:11:30~19:00(L.O.18:30)
定休日:月曜(祝日の場合は翌日)
URL:http://www.kamakuratoday.com/meiten/kosuzu.html
リンクを選択すると、外部サイトへ移動します。

見るだけでも楽しい野菜の市場へ 都内シェフの常連も通う 鎌倉市農協連即売所

伝統野菜が見直され、一躍有名になった鎌倉野菜。鎌倉駅の近くにある鎌倉市農協連即売所(通称レンバイ)は、毎朝近郊の農家さんが新鮮な野菜を持ってきます。地元主婦やシェフ、都内の有名シェフなども訪れ、農家さんと会話しながら購入していく姿がみられます。野菜が多く揃っている朝が活気づいていますが、夕方までやっているので、残っていれば購入できます。

  • 住所:〒248-0006神奈川県鎌倉市小町1-13-10
  • 電話番号:0467-44-3851
  • 営業時間:8:00~日没
  • 定休日:1月1日~4日

episode02 江ノ電に乗って長谷へ四季折々の花を愛でる 写真提供:鎌倉市観光協会

写真提供:鎌倉市観光協会

和み地蔵 写真提供:鎌倉市観光協会

episode04
優しいお顔の長谷観音にお参りを
長谷寺

長谷観音で知られるこの寺は、浄土宗系統の単立寺院で山号は海光山、院号は慈照院。観音山の裾野に広がる下境内と上境内の二つに境内地があり、下境内は池の周囲を散策できる回遊式庭園。上の境内には十一面観音菩薩像(長谷観音)が安置される観音堂と鎌倉の海と街並みが一望できる「見晴台」、「眺望散策路」があり、鎌倉でも有数の景勝地でもあります。また、境内全域は四季折々の花木に彩られており、一年を通じて観光客が大勢訪れています。

Information
長谷寺
住所:〒248-0016神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2
TEL:0467-22-6300
拝観時間:3~9月 8:00~17:00(閉山17:30)、
10~2月 8:00~16:30(閉山17:00)
拝観料:大人300円、小学生100円
URL:http://www.hasedera.jp/
リンクを選択すると、外部サイトへ移動します。

episode05 長谷寺の帰りに立ち寄りたいパンスイーツの店

episode05
本物の味を鎌倉で
café recette 鎌倉(カフェ ルセット)

長谷駅から海に向かい細い路地を歩いたところに、パンスイーツの美味しいカフェがあります。古民家をリノベーションしたモダンな店内は、ゆったりとして温かな雰囲気。この店は東京三宿に日本初登場の高級食パンブームのさきがけ、ルセットのパンを使った日本初のパンスイーツ専門店。現在ルセットは店頭販売を中止していますが、ここではルセットのパンが食べられます。おすすめはふんわりとして香りがいいフレンチトースト820円。

Information
café recette 鎌倉 (カフェ ルセット)
住所:〒248-0021 神奈川県鎌倉市坂ノ下22-5
TEL:0467-38-5700
営業時間:平日9:30~17:00(LO16:00)、土日祝8:30~17:00(LO16:00)
定休日:不定休
URL:http://cafe-recette.com/
リンクを選択すると、外部サイトへ移動します。

episode06 ワインを飲みながら鎌倉野菜をお洒落に食べられる

episode06
落ち着いた店内でゆったりとディナーを
Brasserie雪乃下

小町通りを少し入ったところにあるフレンチレストラン。昼間は人で賑わう小町通りも夜は少なくなり、ゆったりとした時間を過ごせます。赤と茶を基調とした統一感のある店内は、落ち着いた雰囲気で常連さんも多いとか。料理は旬の鎌倉野菜、三崎直送の新鮮魚介や腰越漁港直送の釜揚げしらすなど、地元ならではの食材をふんだんに使ったメニューが自慢です。

Information
Brasserie雪乃下
住所:〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-7-27 小町プラザ2F
TEL:0467-61-2271
営業時間:ランチ11:00~15:00、カフェ15:00~17:00、
ディナー17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:無休
URL:http://eight-8.co.jp/cms/shops/kanagawa/kamakura/yukinoshita_brasserie.html
リンクを選択すると、外部サイトへ移動します。

魅力あふれる古都鎌倉の街を人力車で優雅に観光するならこちら

これよりJTBホームページに接続します。

魅力あふれる古都鎌倉の街を人力車で優雅に観光するならこちら

これよりJTBホームページに接続します。

3rd Story 爽やかな風に吹かれて編へ
3rd Story 爽やかな風に吹かれて編へ